<< 羊毛フェルトに挑戦 鎌倉 >>

①和&洋:書くものつながり ②和&洋:印つながり

①和:書くものつながり 

日本の昔から大切に培われてきた書に使われる道具の一部を。
水差し・携帯使用の筆(墨壺が中に付いてます)・そして筆。全て、母か貰ったものです。
下に敷いている帯も母からの品。
私は、書道を14~15年習ってましたが最後まで全う出来なかった。
1つとて、やり遂げたものがない。今から思うと悔やまれますね。

f0169222_13212558.jpg

①洋:書くものつながり 

勿論、現代人が書くことに使用する主流はボールペン。
特に出掛ける時などは、筆記用具に気を遣う。少し拘りのあるものを使っていたい気持ちがあります。

f0169222_13211983.jpg

②和:印つながり

書を書き上げた時に使用する落款。熊・龍・鶏・獅子など・・・。
一枚の書を書き上げるのに、何十枚と書きます。
納得の出来る書を書き上げた時にやっと落款が押せるのです。
これらも、母から貰ったものです。

f0169222_13213236.jpg

②洋:印つながり

スタンプホルダー&ラバースタンプ達。
アンティークタイプライターにスタンプホルダーそしてエンボッサー等が古い文房具雑貨がデスクにあるととっても落ち着きます。
スローな気持ちになれるという事でしょうか。そういう空間がとても好きです。

f0169222_13214070.jpg


久しぶりのKmamaでした。m(._.)m
[PR]
by katkin | 2009-02-22 14:19 | 雑貨
<< 羊毛フェルトに挑戦 鎌倉 >>